衣奈小の3君にエール

 例年より遅く、 ようやく桜の花がちらほら咲き始めた。 4月。 学校や職場で新しい生活が始まる。 多くの出会いがある季節だが、 今回の小欄、 別れの季節といわれる3月を振り返り、 記事にできなかった話を紹介したい。
 先日、 由良町の衣奈小学校を訪ね、 卒業式について取材した。 同校では男の子3人が卒業。 「強くたくましく歩みましょう」 「人との出会い・ふれあいを大切にしましょう」 というはなむけの言葉を含め、 藤原千恵校長の式辞の一部は既報の通りだが、 このほか、 たくさんの話を聞かせてもらった。 藤原先生によると、 いつも明るい笑顔でパソコンに堪能な小林薫君、 努力を惜しまず力いっぱい頑張る洲﨑大雅君、 物知りで静かな中に力を秘めている中谷祐貴君。 思えばワカメ干し体験をはじめ、 取材で顔を見たことがある3人だ。
  「いつも周りの人を楽しくさせてくれた薫君」 「礼儀正しく、 どんなことにも努力する大雅君」 「いろんなことをよく知っている祐貴君」。 在校生が卒業式の 「送る言葉」 で述べた。 卒業生3人に聞くと、 小学校の思い出は 「修学旅行」 と声をそろえ、 中学校で頑張りたいことは、 小林君が 「勉強と部活」、 洲﨑君が 「陸上」、 中谷君は 「勉強」。 藤原校長の式辞にあったように、 いままで培った強い絆を忘れず、 夢と希望に満ちた未来へ力強く羽ばたき、 一つ一つの輝く大きな花を咲かせてほしい。
 小学校の卒業生に限らず、 新生活へ向けては思い出とともに感謝の気持ちもってスタートラインに立ってほしい。 もう一つ、 それまでにかかわった多くの人の心も忘れてはならない。 家族、 先生、 上司、 友人らの思いを胸に頑張ろう。
       (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る