高校サッカー和歌山大会地元校戦力分析 南部

 頑張れ地元イレブン、 行くぞ国立! 地元3校戦力分析の3回目は、 南部。 高校から始めた選手が多く技術面では不安が残るものの、 守備的布陣が徐々に機能し始めており、 組織的なプレーへの意識も高い。 しっかり守ってカウンターでゴールを狙い、 勝機を見いだしたい。 ここ数年は初戦敗退が続いており、 今回も相手は強豪だが、 「打倒海南」 を合言葉に初戦突破を目指す。
 【攻撃】中盤の真ん中で、 パス、 キープ、 ドリブル突破いずれも県内トップレベルの山崎が要。 相手の動きを見ながらサイドへボールを出し、 1年生ワントップ中川と、 トップ下の八田がクロスやシュートでゴールを奪うのが得点パターン。 2人とも裏へ抜け出す瞬発力が抜群で、 山崎からの配球を生かせられるかがポイント。
 【守備】センターバックの坪内が要で、 経験者の片岡と2人がオフサイドラインを気にしながらDF陣を統率。 無理に飛び込んでいかず、 サイドで人数をかけてボールを奪う意識が徹底されており、 冷静に対応できるようになってきた。 1年生GK・平尾は高校から始めたが、 実践練習を重ねて守護神らしくなってきたのも好材料。
 【総合】4―3―2―1の守備的布陣。 2年生不在で、 7人の3年生が1年生を引っ張る。 総体以降は週1回ペースで練習試合をこなし、 経験を積み上げてきたことで、 「自陣でプレスをかけてカウンター攻撃」 の形が出来上がってきた。 イージーミスを抑え、 攻撃の基点となる山崎にボールを集められるかが勝敗のかぎを握る。
 【監督談】守備でどこまで耐えられるかがポイント。 勝利にこだわりたいので、 先取点がほしい。
 【メンバー】小川泰弘 (部長)、 坂下公隆(監督)、 坪内界士 (主将・3年)、 玉口徹、 平本和也、 長瀧拓真、 永井将志、 山崎雄一、 八田直樹 (以上3年)、 平尾卓、 片岡稔文、 久保智暉、 久保亮太、 中川惠昭、 河波光毅 (以上1年)

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る