輝け! ゴールデンキッズ②塩屋小4年 谷野弘樹君

0514③.jpg 「Jリーガーになりたい」。塩屋少年SCに所属している谷野君は、でっかい夢に向かって突っ走る。
 
 2人の兄が塩屋SCに入部していた影響を受け、3歳のころからサッカーボールが遊び道具だった。チームには幼稚園年中のころから在籍し、小学1年生からAチームで試合に出場していたほど、サッカーセンスは抜群。パワーのある突破力を武器に、まだ4年生ながらFWの主力として活躍している。
 
 県の選考会ではソフトボール投げで男子1位、オーバーヘッドスローもトップ10入りを果たした。冬場に力を入れているマラソンの成果で、ことしの口熊野マラソン3年生以下男子の部で2位入賞と持久力も光る。
 
 和歌山国体ではちょうどサッカー県代表を構成する年代。昨年、国体へ向けて招集されたトレセン日高代表8人のうち、3年生で唯一メンバー入りした注目株だ。「シュートを決めたときが一番うれしい。大きな舞台で活躍したい」と将来のトッププレーヤーへ目を輝かせている。
 
 御坊市塩屋町南塩屋94、和志さんと津多美さんの3男。

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る