ラストサマー⑤ 日高の松浦孝亮君

708①.jpg 「常に一生懸命な姿が印象に残っている」。チーム一の努力家と吉田茂監督が推薦する控えの外野手。
 
 「野球が好き。1回しかない人生やし挑戦してみよう」。クラスで身長の順番に並ぶと前の方。野球を始めたのも小学校卒業後と遅かった。中学校でもレギュラーではなかったが、入部に迷いはなかった。
 
 体格と経験を補うのは練習しかない。学校の授業の前にグラウンドに出てきて素振り、普段の練習後も昨秋の新チームになって以降はほぼ連日居残り、黙々とバットを振ってきた。「もっと体力をつけたい、うまくなりたい」。体は小さいがひたむきな姿は存在感を大きくし、吉田監督の目にも留まった。
 
 試合前の円陣の際、主将に続いてゲキを飛ばす役を任されている。輪の中心に迎え入れられるのは、同級生だけでなく下級生にも頑張りが認められている証しだ。
 
 学校の成績も優秀。特に英語が得意で、将来は「メジャーとか外国人とか、野球選手の通訳になりたい」。2年の夏に進路を決めると、野球の練習で遅くなって帰宅した日でも空き時間を見つけては単語帳を手に勉強。グラウンド以外でも努力家、将来の夢へ一直線。
 
 「一生懸命にやってきたので充実感でいっぱい」と白球を追いかけてきた2年3カ月余りを振り返り、「ガッツなら誰にも負けない。元気いっぱいのプレーでチームを波に乗せたいですね」と紀三井寺での活躍を力強く誓う。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る