ラストサマー③ 南部の森栄司君

705①.jpg 選手でありながらマネジャー。自身の練習は常に後回しでノック、ティー打撃の補助とチームメートの練習サポートに力を注ぐ縁の下の力持ち。
 
 「マネジャーをやってくれないか」。 ことし2月、高校入学前に患った腰のヘルニア再発を機に井戸大志監督から頼まれた。「チームのためになるなら」と引き受けたが、小中学生時代は投手兼外野手でチームの主力として活躍。パンチ力のある打撃に加え、投手としても直球が武器の本格派右腕。誰にも負けない自信があっただけに「なんでぼくが…」という思いはなかなか断ち切れなかった。故障がうとましく、選手への未練が頭の片隅に残る。甲子園の夢をあきらめ切れず思い悩む日々が続いた。
 
 転機は、そんな自分を心配してくれている両親の気持ちに気づいたとき。「いつまでくよくよしてるんだ。いまは自分ができることを一生懸命にやろう。大学で野球をやることが両親への恩返し」。新たな目標を見つけ、迷いは吹っ切れた。
 
 グラウンドでは同級生にノック、ティー打撃で後輩にアドバイス。いまは周囲から頼りにされていることを励みに感じ、同じ選手兼マネジャーの渡口大輔選手(3年)とともに身を粉にしてサポート役を務める。紀三井寺でプレーできない悔しさや悲しさはもうない。「1つでも多く勝ちたい。自分の分までみんなに頑張ってほしい」と熱い思いをナインに託し、最後の夏へ向かう。

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る