トップページ > 写真ニュース>

けっこうきついです...

2018年5月 3日
巫女衣装を着て笑顔で舞う参加者

 地域活性化イベント、御坊日高博覧会(おんぱく)の高校生おんぱく部が主催の「学生限定一日巫女体験」が4月29日、御坊市の小竹八幡神社で開催され、日高地方のほか田辺市や和歌山市の中高生7人が巫女舞を体験した。


 巫女舞(祭祀舞)は、小竹八幡では秋の例大祭「御坊祭」で奉納されている。今回は海南市の粟嶋神社の宮本年美禰宜が講師となって榊を手に舞う「豊栄舞」に挑戦した。


 参加者は、午前中に正式参拝、神社についての話、巫女舞の練習を行った後、午後からは白衣と緋袴に千早を羽織った巫女衣装に着替えて実践。初めての衣装に気分も上がり、笑顔で舞っていた。田辺市から参加した井本初音さん(田辺高校2年)は「ゆったりした動きですが、結構足腰の力が要って、見た目よりもきついですが、憧れの巫女衣装でテンションが上がります」と笑顔があふれていた。


関連記事

by weblio


 PR情報