トップページ > スポーツ>

全日本少年軟式野球県予選 オールスターズが初戦突破

2018年4月 8日
オールスターズ2回、濵口が3点目の左中間適時二塁打

 今夏に神奈川県の横浜スタジアムで開催される第35回全日本少年軟式野球大会の県予選大会が7日に上富田スポーツセンター野球場で開幕し、初日は1回戦4試合が行われた。第2試合に登場した日高支部代表の日高地方中学生軟式野球選抜「日高オールスターズ」は伊都支部代表の伊都クラブを3―1で破り、準決勝進出を決めた。

伊都クラブ
0001000 1
120000×  3
日高オールスターズ

 オールスターズは初回、先頭の磯本が左前打。暴投で一気に三進すると、小池が二ゴロに倒れたあとに宮本のスクイズで先制の生還を果たした。2回には岩﨑の中前打と犠打で2死二塁と攻め、植野、濵口の連続適時二塁打で2点を追加。序盤に大きな3点差をつけ、完全に試合の主導権を握った。


 3回は1死から宮本が右前打も無得点に終わり、4回以降は無安打無得点に封じられたが、守備陣が奮起。初回3者連続三振の素晴らしい立ち上がりを見せた先発・小池は威力のある速球と鋭い変化球を武器に3回1死まで無安打投球を見せ、4回には2長短打で1点を与えたものの、6イニングを4安打1失点、8三振を奪う力投で踏ん張った。最終回は2番手・白川がマウンドに上がり、1死から左前打の走者を背負ったが後続は連続三振に仕留め、ベスト4へ名乗りを上げた。バックも無失策の堅守で2投手を支えた。


 県内各支部の代表8チームがトーナメントで熱戦を展開し、近畿大会出場権(優勝チーム)が争われる。準決勝と決勝は8日に同野球場で行われ、オールスターズの準決勝は第1試合(午前9時~)、対戦相手は和歌山市支部代表となっている。


関連記事

by weblio


 PR情報
 更新情報
1月29日  写真集に日高地方駅伝と印南商店街駅伝を追加