トップページ > みなべ・龍神'

みなべでボルダリング大会

2017年11月15日
壁登りに挑戦する選手

 第3回梅の里カップ・ボルダリング大会(梅の里スポーツクライミング事業実行委員会主催)が12日にみなべ町清川の梅の里ボルダリングウォール(旧清川中体育館)で開かれ、近畿地方を中心に94人が人工壁登りに挑戦。選手の実力別の6部門で競い、町内ではオープンファン部門で寺谷光司さん(24)が優勝、汐崎彰彦さん(35)が3位に入った。


 2015年に開催された紀の国わかやま国体で使用されたボルダリング施設を町が買い取り、廃校した清川中学校の体育館に設置。ルールはホールドと呼ばれる突起に手や足をかけて登り、課題のルートをクリアしていく競技。今大会には県内だけでなく奈良県、大阪府、石川県、兵庫県、愛知県からも参加。オープン、ミドル、オープンファン、ジュニア、ジュニアファン、ジュニアファンファンの各部門で競った。


 観客からは「ガンバ!」と声援が送られていた。



関連記事

by weblio


 PR情報