トップページ > 由良町'

由良町が外国人誘客へモニターツアー実施

2017年10月13日
鮮魚がずらりと並べられて競り市体験

 由良町は外国人観光客(インバウンド)をターゲットにした新たな旅行商品開発を進めており、11・12日には国内外の旅行会社、観光関係者ら25人を迎えてモニターツアーを行った。町内の名所を巡る多彩なプログラムがあり、中でも大引漁港で行われたユニークな鮮魚の競り市体験が大盛り上がり。参加者は「外国人にウケると思う」と太鼓判を押していた。


 同町はことし4月から一般社団法人「九州のムラ」(養父信夫代表理事、福岡県宗像市)に「想いがつながる観光地域づくり推進業務」を委託して、地域資源の現地調査や関係者へのヒアリングなどを行っており、今回、新たな旅行商品開発の参考にしようと、モニターツアーを初めて企画した。


 初日は由良湾クルーズ、タイ餌やり体験、タイづくしランチ、興国寺語り部案内、ミカンの撰果場見学、秋祭りの獅子舞稽古見学などを行って、いずれも好評だった。2日目の競り市体験は、イセエビ、マダイ、ハゲ、グレ、コロダイ、イサキなど水揚げされたばかりの魚が漁港に並べられて競りがスタート。それぞれの魚の〝浜値〟や調理の仕方で説明があり、参加者は目当ての魚が競りに出されると、「この価格で落とせればかなりお得」「どうしてもほしい魚なのでちょっと高めの金額で」などと考えながら、木の札に価格を書いて入札。一番高い価格の人が落札できる仕組みだが、参加者は自腹となっているため、和やかなムードの中もドキドキ。「イセエビ(500㌘)4000円」「イサキ2匹400円」「ハゲ3匹1500円」などの価格で落札できると大喜びだった。白崎クルーズも体験したあと、昼食は自ら落札した魚を刺し身にしたり、焼いてもらったりして舌鼓を打った。午後からは参加者がツアーの感想を話し合った。


 イギリスに本社があるインサイドジャパン・ツアーズ日本支店グループツアー現地統括マネジャーのタイラー・パルマさんは、「競り市体験はなかなかないプログラムでとても盛り上がる。ある程度の参加人数が必要なので団体旅行にはちょうどいい。ぜひ海外の観光客を送り込みたい」と話していた。ほかの参加者からは「競り市は国内の観光客や地元住民をターゲットにして定期的に開催するのもおもしろいのではないか」との声も聞かれた。


 モニターツアーの実施には、由良町漁協、平佐館、JA紀州、語り部クラブ、紀州日高漁協、由良観光開発、ゆらつくらん会などが協力した。



関連記事

by weblio


 PR情報