トップページ > スポーツ'

レスリング 熊野路ジュニアの小学生ら活躍

2017年9月14日

 第14回県ジュニアレスリング選手権と第1回県マスターズレスリング選手権が8月末に開かれ、印南町や紀南地方のメンバーでつくる熊野路ジュニアレスリングチームの7選手が見事入賞。今月10日に大阪で開かれた第67回寝屋川市民体育大会レスリング兼第23回寝屋川レスリング大会でも小学生2選手が3位入賞するなど大活躍。県内では少ないレスリングチームの一つとして活動し、好成績を収めている。


レスリングひなわ.jpg

3位入賞した火縄木姉弟


 県ジュニア選手権では、小学1・2年重量級で玉井蒼祐選手(印南1年)が準優勝。4人のトーナメントで、決勝では惜しくも敗れたが、準決勝では得意の首投げで勝利した。寝屋川大会では、12人がトーナメントで争った小学1・2年の部で火縄東悟選手(切目1年)、16人出場の小学3・4年の部で姉の茉莉香選手(同3年)がともに3位入賞。東悟選手は得意の両足タックル、茉莉香選手は片足タックルが冴え、うれしいきょうだいでの入賞となった。


レスリング メンバー.jpg

県選手権で活躍した熊野路ジュニアのメンバー


 このほか熊野路勢では、県選手権小学1・2年中・重量級で武内孝憲選手(北富田2年)が準優勝、同級で岩本音耶選手(生馬2年)が3位。3・4年中量級で永野結里羽選手(生馬4年)が3位。5・6年中量級の樫山純佳選手(白浜第一6年)は準優勝。中学女子の部で永野琴峰選手(上富田3年)が3位。マスターズ重量級で森本弘文さん(田辺市)が優勝。団体戦でも準優勝。メンバー一同めきめきと力をつけている。


 熊野路ジュニアレスリングチームは、南部高校で長年顧問を務めた永野要祐さんが代表を務めており、現在は熊野高校を拠点に活動。コーチには、永野代表の教え子で高校卒業後の1995年の全日本社会人選手権で優勝経験もある火縄公男さん(44)=印南町島田=と、同じく南部高校時代に全国大会で団体ベスト8入りした亀井隆行さん(44)=みなべ町鹿島神社宮司、田辺市=が務めている。


 練習は毎週火、水、金曜の午後7時から8時半まで同校武道場。対象は3歳から大人まで。火縄コーチは「レスリングを楽しむ子どもたちを増やしたい。まずは見学だけでもいいので気軽に連絡ください」と呼びかけている。問い合わせは火縄コーチ℡090―1823―2827。




関連記事

by weblio


 PR情報