トップページ > スポーツ'

アジア柔道選手権優勝の久保井さんが帰国

2017年7月23日
メダルと賞状を手に久保井さん

 15、16日に中央アジアのキルギスで開かれた2017年アジアジュニア柔道選手権大会の女子44㌔級で優勝に輝いた京都文教高校2年の久保井仁菜選手=印南町西ノ地出身=が、このほど帰国。「多くの人の支えがあったから結果を出すことができました」と喜びを話し、「次の目標は48㌔級のインターハイ優勝です」と意気込んでいる。


 アジアの各国・地域が参加する大会で、44㌔級には9選手がトーナメントで熱戦。久保井さんは初戦でマカオの選手と対戦し、組み際に一本背負いを仕掛けて技あり、そのまま横四方固めで一本。2回戦はカザフスタンの選手とぶつかり、力で間合いを詰められたが、上手く返して肩固めで一本。決勝の相手はウズベキスタンの選手で、小内巻き込みで技ありを奪い、そのまま縦四方固めで一本。3試合とも得意の寝技に持ち込み、見事栄冠を手にした。


 金メダルを胸に笑顔で帰国。「体調を常に気遣ってくれた家族、出発前に練習をみてくれた松洋中時代の恩師三原史也先生、連絡して励ましてくれた友達やチームメイトなど、多くの人の支えがあったからこそ結果を出すことができた。今度はインターハイ優勝、また世界ジュニア出場を目指したい」と、新たな目標に向かって練習に励んでいる。


 インターハイは8月8日から福島県郡山総合体育館で開かれる。



関連記事

by weblio


 PR情報