トップページ > 写真ニュース>

ちょっと苦いよ...

2017年5月20日

 日高川町のなかつ保育所(橋爪誠所長)の年長児21人は18日、高津尾の日高川交流センターで茶道を体験した。


 同保育所では毎年、園児に茶道を指導しており、ことしも5回の教室を開き、3月に保護者にお点前を披露する。


 指導は文化協会茶道部のメンバー。初回のこの日はお菓子とお茶の頂き方。お礼の仕方やお菓子の取り方、お茶わんの持ち方など細かい作法を学び、最後にお茶を頂いた。園児たちは「ちょっと苦いな~」と友達と話しながらも少しずつ飲み、抹茶の味を楽しんでいた=写真=。三原苺夏ちゃんは「苦かったけど全部飲みました」と笑顔を見せ、作法については「難しいけど頑張って練習したい」と話していた。


関連記事

by weblio


 PR情報