トップページ > 社会'

美浜の中学生が職業体験で町長にインタビュー

2017年5月20日
森下町長に質問をぶつける井戸本君㊨

 美浜町の松洋中学校は17日から19日までの3日間、2年生を対象に職業体験を行った。


 56人が町内や御坊市内の製造業、サービス業などをはじめ、和田の陸上自衛隊和歌山駐屯地、日高町の日高広域消防などで勤務。仕事の大変さ、やりがいなどに触れた。


 御坊市湯川町財部の㈱日高新報社には井戸本悠暉君(吉原)が訪れ、中原章雅営業部長の案内で新聞製作の工程を学んだり記者の仕事を体験したりした。取材体験では最終19日に地元の役場を訪ね、森下誠史町長にインタビュー。「(町長がやってきたことで)自慢できるようなことはありますか」と質問すると、「大地震が発生した時、津波の最悪の想定では町内の住宅地の約90%が浸水するとされている。それで2つの小学校、ひまわりこども園へ外付け階段を設置したり松原高台を整備したりしており、防災対策に全力で取り組んでいます」と回答があり、熱心にメモを取っていた。取材以外で松洋中の特別教室へのエアコン設置なども要望。町の歴史も詳しく教えてもらい、「緊張したけど、大変勉強になりました」と充実感いっぱいに話していた。


関連記事

by weblio


 PR情報