トップページ > スポーツ>

住吉大社全国弓道大会 日高高女子が大活躍

2017年5月12日

 第66回住吉大社全国弓道大会(住吉大社・大阪府弓道連盟主催)が1日、住吉大社特設射場で開かれ、学生女子の部団体で日高高校Bチーム、女子個人で同校3年の永野李奈さんがそれぞれ準優勝。同校からは団体1チーム、個人2人も上位入賞、紀央館からも1人が入賞した。


 1951年から続く由緒ある大会で、関西だけでなく群馬や茨城、鹿児島県などから579人が参加し、学生男女と一般男女で競った。


 競技は直径1㍍の的を60㍍離れた場所から撃つ遠的。団体は3人1チームで1人4射、合計12射の的中数で競った。日高Bは原亜侑佳さん(2年)、永野李奈さん(3年)、岡本春香さん(3年)がメンバー。遠藤麻由さん(3年)、大西絵麻さん(3年)、松林凜さん(3年)がメンバーの日高Aも3位と健闘した。


 個人戦は4射4中で予選通過。射詰めによる決勝戦を行った。団体日高Bチームのメンバーとして活躍した永野さんが2位に輝いた。


 個人ではこのほか松林さんが5位、岡本さんが8位、紀央館3年の森澤明日加さんが9位に入った。


関連記事

by weblio


 PR情報